幼児教育 書評

子どもの習い事は何歳から? 何からはじめる? 「賢い子」に育てる究極のコツ

更新日:

オィドロディ
こんにちはoidolody(@oidolodymama)です。子どもの才能を伸ばしてあげたいと親は考えますが何から始めていいかわからないですよね。本記事では、脳医学者の瀧靖之氏の本に書いてあった、いつから何を習うのが効果的か。という内容をまとめます。

 

この記事のまとめ

5歳までに図鑑を読む習慣付けで「好奇心旺盛」な子に

0~3歳で図鑑・絵本・音楽に触れる

5~8歳でピアノ・8~10歳で英語を習うのがオススメ

何歳から何の習い事をはじめたらいいの?

幼児教育いつから

 

この悩みは、親なら誰でも持つものですが世の中情報が多すぎてどれが本当か分からない。

この本は、脳医学を基に「○歳で○○を始めると脳の成長とマッチしているので効率がいい」と明言していて、納得する内容だったのでまとめます。

 

オィドロディ
子どもには才能豊かに育って欲しい。親ができることは何か。

 

と思いネットで検索をかけても、幼児教育会社の広告が、

 

「早期教育が大事!今すぐ○○をしましょう!」

 

という情報が乱立しています。
また、あれこれ習わせて家計や子どもの負担になってはお互い辛いだけです。

 

この書籍のタイトルにもある「賢い子」とは=勉強のできる子ではありません。

「好奇心」を持つことで、自然に「学力」はついてくる。
幼い頃の「好奇心の有無」で生涯を通した「脳の健康」も変わってくる可能性がある。

 

と述べられています。

本書では、「好奇心」を養うためには○歳に○○をするといい。という内容がまとめられています。

 

好奇心を養うアイテムは「図鑑」

本書の大テーマは「好奇心旺盛」な子にするために、

5歳までに図鑑を読む生活習慣をつける。というものです。

 

図鑑を読むことで好奇心が芽生える流れは、

  1. 図鑑から「バーチャルな知識」を取り込む
  2. 現実世界の「リアルな知識」を取り込む
  3. 「バーチャルな知識」と「リアルな知識」が結びつく
  4. 「知ること」に喜びや楽しさを感じ、好奇心が芽生える

 

具体的な話にすると

  1. 動物図鑑(魚図鑑)を一緒に読む
  2. 動物園(水族館)へ行き本物の生き物を見る
  3. 「図鑑で見た動物(魚)」と「リアルな動物(魚)」が結びつく
  4. 「知ること」に喜びや楽しさを感じ、好奇心が芽生える

ということだそうです。

 

確かに、自分が知っている動物や魚がいるとテンションがあがる気持ちわかります。
こういった経験を早めにすることで子どもに良い刺激が与えられるのではれば、随分楽な方法だと感じました。

 

図鑑といえば、小学館NEOでしょうか。

 

早速、我が家でも動物図鑑と魚図鑑を購入し少しずつ読んでいるところです。
対象年齢3歳からとありましたが、娘は好きな動物を見ると

 

プーカ
あ!あ!

 

と声を出して指差し反応しているので3歳未満の子どもに図鑑を見せても問題ないですし、とても興味を持っているようです。

 

0歳~からはじめる幼児教育

 図鑑を読む

絵本を読む

音楽鑑賞をする

 

子供が「好き・嫌い」の判断を自分でするようになる前に、図鑑や音楽と接しましょう。視覚や聴覚は生まれてすぐに、すさまじいスピードで発達します。ですからこの時期に、図鑑や絵本で絵や写真をたくさん見せ、読み聞かせをするということは、赤ちゃんの脳の発達にとってプラスとなるでしょう。
音楽を聞かせることも、0歳からできることのひとつです。クラシック音楽をBGMとして流しておくなど、さりげない形で音楽を日常に取り入れ、赤ちゃんの耳の力を伸ばしてあげましょう。音感の下地になりますし、将来的に楽器を習わせる際の準備にもなります。

 

我が家の絵本読み聞かせ

絵本読み聞かせの重要性は分かりつつも…

 

オィドロディ
絵本って何読ませていいのか正直わからない、共働きで本屋に行く暇もないし、買って気に入ってくれなかったらショック

 

ということで、我が家はこどもちゃれんじを習うことにしました。

毎月届く絵本は、様々な仕掛けが施されています。

共働きでなかなか書店へ行くこともできない家庭にとっては、勝手に絵本おもちゃといった教材が届くことは非常にありがたく、届いたおもちゃで一緒に遊べるのでとても活用しています。

 

 

我が家の音楽

クラシックを流すといっても、スマホで流すと自分が触れなくなるし、クラシックCDも持っていない、PCでyoutubeへ接続するのも面倒。

我が家では、amazon echo spot経由で、

 

オィドロディ
アレクサ、クラシック流して

 

クラシックを3秒で流すことができます。

 

 

3~5歳からはじめる幼児教育

楽器に触れる

運動をする

 

楽器を始めるならこの、3~5歳の時期がおすすめです。楽器は子供の言語力を伸ばすことに加え、さらに身体面の能力を伸ばしてくれます。ほとんどの楽器は、演奏するときに指先や手首周辺の細かい動作がセットになります。この細かな運動を「巧緻運動」といい、巧緻性、つまり器用さはこの3~5歳の時期に身に付きやすいことが分かっています。
楽器意外でも、3~5歳くらいでフィギュアスケートやバレエ、卓球といった細かい体の動きをともなう運動を始めると、効率よくその能力を獲得できるものです。

 

著者がオススメする楽器

本書で、3~5歳で習うオススメの楽器はピアノであるとかかれています。

 

ピアノを習うメリットとして、

左右の手で別の音を弾くことで「脳梁」が発達する

考えながら手を使うので「錐体路」が発達する

ピアノ教室の数が多いので始めるハードルが低い

 

が挙げられます。

私も幼少期にピアノを習っており、子供には是非弾けるようになってほしいと思っていたので3歳になったら私も一緒に習いたいと思っているところです。

8~10歳からはじめる幼児教育

語学勉強を始める

 

言語の発達は8~10歳にピークを迎えます。語学の力が総合的に伸びていく8~10歳の時期は、外国語の習得を見てもひとつのターニングポイントとなります。
ところで、英語に関しては、「超早期教育」ということを聞きます。たしかに、超早期教育を受けた子供の多くは英会話ができるようになるそうです。しかし、成長を長い目で見たときに、その「超早期教育」の意味がどれほどあるのかということは、まだわかっていません。かけたお金や時間の分の効果があるかどうかは、はっきりしていないのです。それどころか、言語能力のネットワークがまだ不完全な脳に、半ば強制的に英語を学ばせるということは、子供に余計なストレスをかけてしまう可能性があります。

 

0歳から始める英語教材などをよく目にしていたものの、幼児教育本を複数読んでいると超早期英語教育に対して否定的見解を述べる専門家が多い印象です。

 

しかし具体的に8~10歳が脳の発達的に最適である。といったように明言されている本は少ないので大変参考になりました。

 

関連記事[専門家の意見まとめ]英語教育は○歳からが正解!?いつから始める?
[専門家の意見まとめ]英語教育は○歳からが正解!?いつから始める?

  この記事のまとめ ネイティブの英語を身に付けるなら0歳~ 成長に合わせた英語教育なら8歳~ 英語を学ぶだけ ...

続きを見る

 

「いつから何を習わせるか」まとめ

いろいろな幼児教育本を読んできましたが、脳医学の観点から述べられている本は非常に説得力のある内容でした。

 

これら述べられている方法を実際に実行できるかは、わかりませんが知識として知っているだけでも子育てに役立つと思います。

 

「賢い子」を育てる親の役割とは
「好奇心の種をまく」こと、そして子供の伸びやすい時期を見つけて「背中を押してあげる」ことです。

 

本書でも述べられているとおり、子供の可能性を少しでも伸ばしてあげたい。と思う親は多いと思います。

こういった書籍から子育ての方針を決めるのもオススメです。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

オィドロディ

2017.6.23長女プーカ・2019.4.6長男イコの母。イラストレーター×漫画家×ワーママブロガー。育児漫画や育児日記を更新。 ⇒しんじゅくノート公式アニメーター詳しいプロフィールを見る

人気記事

1

この記事のまとめ 就寝、起床、昼寝は決まった時間に 効果は3日〜ではじめる 完璧目指さずアバウトで   赤ちゃ ...

2

この記事のまとめ 開催店舗未定、ドレスが無料でもらえるイベント 衣装プレゼントイベント行くなら初日、朝一で 開催情報は電 ...

3

この記事のまとめ 布おむつは輪おむつ(ドビー織り)がオススメ 輪おむつならパラソルハンガーがあると便利 布おむつ生活には ...

4

この記事のまとめ 布選び、装飾選びがとにかく楽しい スタイは初心者向け、初めてでも意外と作れた デザインはセンスが問われ ...

5

この記事のまとめ 最初はマッサージ 水分補給を積極的に マルツエキス、イチジク浣腸を試す 便秘気味の子は毎日浣腸をしてい ...

-幼児教育, 書評
-

Copyright© oidolog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.